ザッツライフスタイルセンター

中山センター長による新たな冠婚葬祭スタイルの提案

52小規模で行われる家族葬が注目されています

簡素なお葬式、家族葬に注目が集まっています

家族が亡くなると、通夜、葬儀が行われることが通常ですが、最近は葬儀のスタイルも変化しつつあり、より個性ある葬儀が選ばれることも増えています。
葬儀も一般的なスタイルから、お別れ会などの形で行われることもありますし、身近な人のみで静かに行われることもあります。
そして様々な葬儀のスタイルの中でも特に注目が高まっているのが家族葬です。

家族葬であれば、お別れの時間がしっかり取れます

通常の葬儀では故人にゆかりのある友人や親戚、仕事関係の方など実に多くの方が訪れますが、お悔やみや弔問客の対応でゆっくりお別れの時間が取れないのが問題でした。
家族はその対応に追われることとなり、ゆっくりと故人とのお別れの時間が取れないことも少なくありません。
家族葬は親族とごく親しい知人の間で行われることとなり、少人数で気心の知れた方たちのみで行われるので余計な気遣いもなくゆっくりと故人の思い出にひたったり、お別れの時間を取ることができます。
それゆえに家族の精神的な負担や肉体的な疲労を抑えることもできますし、費用も小規模な家族葬ということもあり、かなり抑えられるようになっています。

形式は自由で通常の葬儀と同じように行うことも出来ます

そして葬儀の方法も一般的な葬儀をより小規模にしたものですので、手順にも大きな違いはありません。
宗教儀礼をきちんと行う場合もあれば、宗派にとらわれない無宗教での葬儀を希望する方もあります。
最近はこういった葬儀に対応している葬儀社も増えており、各葬儀社によって様々なプランが用意されています。

シンプルで低価格なのも人気となっている理由です

一般の葬儀に比べてシンプルに行われますので大型の祭壇や派手な装飾が行われないことが多く、費用は数十万円程度で済むことも多くなっています。
家族の希望によって行われる場合もありますし、故人の生前からの希望を実現するために行われることもあります。
小規模であっても、心のこもった良い式ができるとのことで人気が高まっています。

2013年07月26日

ザッツライフスタイルセンター新着記事一覧

人生を変えるステキな看護師になりたくないですか
手に職を得て看護師になりたくないでしょうか。 いま人

家族葬が増えてきた理由と行う上での注意点
身内のみで行う家族葬が増えてきた背景 全国で営まれる

魅力を引き出すサポートもしてくれる最近の結婚相談所
結婚相談所や婚活の大切さがわかってきました 日本では

結婚を機に入学した通信制高等学校との出会い
結婚を機に通うことにした通信制高校 私は、17歳の時

南関東の結婚相談所事情について説明します
結婚を望む人は結婚相談所での婚活が一番 関東でも利用

オススメ